DelTaka Family

日常生活からの学びや役立ち情報を。

旦那さんが奥さんの妊娠がわかったら調べてあげたい3つのこと

f:id:deltaka:20190825145542p:plain

奥さんが妊娠したら、奥さんも大変なので、全て奥さん任せにしておくわけにも行かない。旦那も協力しなくてはいけないこともあると思う。

もちろん気持ちのケアは、必要になると思うし、家のお手伝いもできることがある。

 

せめてまず手続きに関することくらいは、調べて教えてあげたいところだ。

 

必要になると思われる3つことを調べてみた。

 

病院

まずは、病院を探してあげたい。奥さんの通院の距離的な都合や口コミなどもあると思うので調べて教えてあげよう。いくつか候補をあげて相談するのも良いだろう。それで、病院が決まったら、予約までしてあげると良いだろう。

また最初は、奥さんは不安だと思うので身内で付き添いの方がいない場合、旦那さんも時間があれば一緒に行ってあげると良いのだが。平日日中で時間もかなりかかることがあるのでなかなか難しいかもしれないが。

 

母子手帳

病院へ行って妊娠がわかったら、母子手帳が必要だと看護師に言われるはずだ。市区町村のWebサイトで調べてあげよう。個人通知カード身分証明書を持って受け取りに行くだけである。地区によっては、費用がかかるらしい。また提出する書類は、事前にダウンロードできることがあるのでダウンロードして印刷して記入のサポートをしてあげると良いだろう。あとは、次回の通院までにそれを持って市区町村へ受け取りにいくだけという状態にしてあげると喜ばれるはずだ。

 

出産育児一時金

基本的に出産後に必要となる手続きだが、今後いろいろと出費もあるので早めに分かっておくと安心である。

協会けんぽの場合、出産育児一時金は、被保険者及びその被扶養者が出産された時に協会けんぽ支部へ申請すると1児につき42万円が支給されるものである。同様に国民健康保険の場合は、市区町村で申請となる。

また、直接支払い制度といって協会けんぽ等が医療機関へ直接支払い、差額を出産後請求することもできるようだ。

 

今後、お金もかかってくることなので事前にどの程度の費用がかかるのかも計算しておくと安心である。旦那は、頑張らなくてはいけない。。。

 

 

まずは、この3つのことをやれば、ひと段落。

 

あとは、出産まで奥さんの健康面を気にしてあげたり、つわり等がひどかったりしたら、家のお手伝いをしてあげたり、特に気持ちのケアをやってあげることですかね。